MENU

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は即日融資が可能な銀行カードローンとして人気があります。

 

その上、専業主婦専用の商品も用意されているので、消費者金融では難しい専業主婦の方でも、ご主人に収入が有れば、申込が出来ます。

 

また即日お金を借りる融資はインターネット申込なら最短30分、テレビ窓口からの申込は最短40分でカードを受け取れるというスピード審査が可能なので、今すぐお金が必要と言う場合でも慌てるとはありません。

 

「バンクイック」はメガバンクのカードローンという安心感もあり、キャッシングを今すぐ始めたいと言う方におススメのカードローンです。

 

バンクイックの申込条件とスペック

「バンクイック」のスペック
金利     年4,6%〜14,6%
融資限度額  最大500万円
収入証明書類 100万円以下の借入は不要

 

□ 「バンクイック」の申込条件は、年齢が20歳以上65歳未満で国内に居住し安定した収入が有る方

 

□  保証会社(アコム梶jの保証が受けられる方

 

※学生の方や本人に収入がなく、配偶者に収入が有る方も申込が可能です。
※外国人の方は永住許可証を受けている方となっています。

 

バンクイックの審査で重要視している事

 審査で与信審査が行われます。
この与信審査で「申込をした人にどれくらいの信用度があり、どれくらいまでのお金を貸しても大丈夫なのか」という事を判断します。

 

判断材料としては、申込書に記入した内容の年齢や年収、雇用形態、勤続年数などと、信用機関の個人情報に基づいて申込者の属性を判断します。

 

属性とは言いかえると本人の信用度の事で、コンピュータを使ってそれぞれの項目に点数を付けます。その合計点が高ければ属性が高いと判断され、希望通りの借入が出来ます。反対に合計点数が低ければ、融資を断られたりもします。

 

過去現在のローン契約や返済状況も重要ポイント

 審査は信用情報機関の個人情報が重要視されます。
個人情報とは、申込者がカードローンやクレジットカードを申込んだ時の情報が記載されます。また、契約が終わればその利用状況なども記載されるようになります。そこに何も書かれていなければ、問題ありませんが、過去に延滞などを起こしたことが記載されていると審査で不利になります。

 

案外、気付かない事ですがクレジットカードの延滞や、スマホの分割返済などで延滞を起こしていても記載されているのでそれらの延滞にも注意が必要です。

 

消費者金融やクレジット会社はほとんどがJCOという信用情報機関に加盟しています。

なので、信用情報機関同士で情報共有をしていますので、どの金融機関でどれくらいのお金を借りているか、また延滞を起こしていないかなどが解ってしまいます。

 

また、「アコム」は「バンクイック」の保証会社になっていますが、アコムで延滞や遅延が有った場合影響するか、という事ですが、延滞した期間は時期にもよりますが、現在進行形で延滞などが発生していなければ心配ないようです。

 

インターネットから申込む

「バンクイック」は即日融資が可能な銀行として人気があります。

 

即日融資で借りる方法として、最近はパソコンやスマホを使ったインターネットからの申込に人気があります。

 

「バンクイック」は三菱東京UFJ銀行に口座が有っても無くても申込は可能なので、急にお金を借りなければならないという時でも、口座を作る必要がなく、現在契約中の口座が利用できます。

 

インターネット申込は24時間受付していますので、時間のある時に申込を済ませ、借り審査を終らせておいてテレビ窓口へ行ってカードを受け取れば無駄な時間を取られることはありません。インターネットから申込をした場合、審査時間は最短30分となっていますが、急ぐ場合はメールに記載されているコールセンターへ電話を入れましょう。この電話がなければ都合で翌日の審査になる場合が有るので注意が必要です。

 

テレビ窓口を利用する

テレビ窓口からの申込は最短40分でカード発行となっていますが、審査を終えるまでそこで待機していなければならないので、インターネットから申込をしておいて、テレビ窓口でカードを受け取れば無駄な時間を取られません。

 

テレビ窓口の営業時間は、平日9:00〜20:00、土曜・祝日は10:00〜18:00、日曜日は10:00〜17:00までとなっているので、基本的には365日即日融資で借りることが可能です。ただし、年末12月31日〜1月3日までは休業となります。

 

テレビ窓口でカードを受け取るには本人確認書類を持って行く必要があるので、出かける前に書類を確認しておくことがポイントです。

 

専業主婦でも借りられる

「バンクイック」は総量規制の対象外になっているので、年収がなくても審査に通れば融資が可能です。「バンクイック」には無収入の専業主婦でも申込が出来る銀行カードローンです。

 

専業主婦専用と言っても、基本的には一般のカードローンと同じです。
用意するものは本人確認書類として、運転免許証または健康保険証、パスポートなどを用意するだけです。ご主人に安定した収入が有れば申込が可能ですし、収入証明書類の提出が不要なので、申込も簡単です。

 

専業主婦専用の銀行カードローンも増えてきましたが、口座がどこにあってもよく、即日融資が可能という便利なカードローンなので、キャッシングを考える時の、選択肢のひとつとしてもいいのではないでしょうか。

 

住宅ローンの審査にキャッシングの履歴が影響をする

これまで何らかの債務やキャッシングがあったというのであれば、これから受ける住宅ローン審査のために履歴を一度確認しておくことをお勧めします。
ブラックの状況にあれば当然住宅ローンの審査に通ることはないでしょう。

 

ブラックなど本当にあるのかと思われるかもしれません。
確かに正式名称でブラックというものはありません。
しかし、個人の債務のすべてを管理している個人信用情報機関に悪質な債務の情報が共有されています。

 

個人信用情報機関は日本に3つあります。
その個人信用情報機関に加盟していることで金融機関は情報を提供、照会することができますが、実は悪質な情報は異動情報としてすべての個人信用情報機関で共有されています。

キャッシングに申し込みをするときの必要書類

消費者金融にキャッシングの申し込みをするときには、基本的に運転免許証だけとなっています。
気軽なキャッシング、それが消費者金融の特徴です。
必要書類が多くなればそれだけ、用意するための時間が必要になり即日融資が難しくなります。

 

それでは消費者金融の申し込みに必要な書類を詳しく見ていきましょう。
本人確認書類として必要になるのが運転免許証です。
持っていない場合には、パスポートや健康保険証で代用することができます。

 

銀行カードローンでは必要書類が多くなることもあります。
例えば銀行カードローンは貸金業ではないために、法律で決められた収入証明が必要になるタイミングがありません。
独自に決めているために、初めから必要になることもあります。

更新履歴